遺伝で子供の身長が決まらない!身長のメカニズムとは?

身長は人間が成長することにより変わっていくものです。年齢が低い時は小さく、年齢が大きくなればなるほど身長もふえていくでしょう。そして、一定の年齢になると徐々に小さくなってくることがあります。その身長の最大と最小は人によってことなるので注意です。

遺伝と身長について

結構遺伝により身長が変わると思っている人が多いでしょう。親が大きければ子も大きい、親が小さければ子も小さいと思っていると思います。しかし、実は遺伝よる身長の決定はほぼ無いと言っても良いです。
確かに少なからずないこともないのですが、それでも与える影響はそこまで高くないため実際の遺伝による身長の決定はされていません。故に、親が身長の小さい人だとしても、大きな身長にすることが出来るのです。
それをするために成長期にしっかりとした栄養を獲得するのが良いでしょう。それが出来るアスミールを使用してみると良いかもしれません。もちろん、アスミールを使用しただけではダメなので注意です。

身長は結構どうとでもなる

実際身長を高くする方法はいくつかあり、努力次第ではある程度は身長を伸ばすことが出来ます。ただし、そのタイミングが重要なので注意です。
基本的に成長期に背の高さが高くなります。その時に、背を高くするための努力をする必要があります。
主に、運動、睡眠、食事を的確なやり方をする必要があります。特に食事は、成長に必要な栄養素を獲得するのに必要になります。また、運動はそれを消費しつつ、背の高い体に変化するための調整をしていきます。そして、睡眠は疲れを取りつつデータを分析して的確な体にしていくという作業があります。
このようにして背を高くすることが出来ます。実際どれも必要なことであり、背を伸ばすために必要なことですので良い生活をしてください。
ちなみに、背を低くしてしまう要因というのがあり、それをしてしまうと背を伸ばすことが出来ない、あるいはあまり背を伸ばすことが出来ないということがありますので注意です。
それと、背を伸ばすために必要な物というのがあり、それがないと背を伸ばすことがほぼ不可能なので注意です。

このように遺伝により子供の身長を決定化させるというわけではないです。生活のやり方によって背伸び方が異なっていきますので、背のことで悩んでいる子供は、成長期にしっかりと背を伸ばすための生活をするようにしてください。そうすれば、求める背にすることが出来るかもしれません。
ただし、背は結構個人差が異なります。求める身長にすることが必ずしも出来るとは限りません。必要なもの次第ではかなり難しい場合もありますので注意です。
遺伝から身長が決定するわけではないので、仮に親が大きくても子が大きくなるとは限りませんので、その点も考えて生活をさせるようにしましょう。
丈夫な体を作るためにもアスミールなどを使用して背を伸ばしつつ丈夫な体を作るようにしましょう。

 

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら